地方公務員の薬剤師になるには?仕事内容は?

地方公務員の薬剤師になるには?仕事内容は?

公務員の薬剤師になりたいなら、自衛隊薬剤官など国家公務員の薬剤師になるか、地方公務員の薬剤師になるという方法があります。今回は、都道府県または市区町村に属する、地方公務員の薬剤師についてまとめてみます。

地方公務員の薬剤師になるには、地方公務員試験を受けて合格しなければなりません。国家公務員の薬剤師は厚生労働省に属しますが、地方公務員の場合は、各都道府県、または市区町村の職員になります。仕事はおもに2種類です。各都道府県または市区町村が運営している国立病院や公立病院などの医療機関に勤務するか、または行政職務に従事するかです。行政職務というのは、保健所、衛生研究所、消費生活センターなどに勤務します。

保健所に勤務すると、飲食店の衛生検査や指導、上下水道、プール、銭湯などの水質検査や衛生管理、ドラッグストアや薬局の立ち入り検査、旅館やホテルなどの宿泊施設の検査や指導、クリーニング店、美容院など、地域に密着した業務を行います。

衛生研究所に勤務した場合は、医薬品や食品の検査、インフルエンザなどのウイルスや、食中毒の原因となる細菌の検査などを行います。

消費生活センターに勤務すると、消費者からよせられる医薬品や医薬部外品などに関する苦情や相談を受けつけたり、消費者からよせられる食中毒の情報に対応して原因を調査するといった仕事を行います。

地方公務員となると、産休育休などの福利厚生が充実している、給与と雇用が安定している、年金がしっかりもらえるといった大きなメリットがあります。本来は調剤、服薬が主な業務である薬剤師の仕事としては、少し異例の業務内容になるかもしれませんが、地域に密着したやりがいのある仕事を行うことができるでしょう。しかも、国家公務員と違い、地方公務員は転勤が県内のみというのも魅力です。有給が取りにくい、サービス残業を強いられる、給与が低いなど現在の労働環境に不満のある薬剤師の方は、地方公務員への転職を検討してみるのはいかがでしょうか。