地方で勤務する派遣薬剤師のメリットは?

地方で勤務する派遣薬剤師のメリットは?

派遣として働くことをどう思いますか?「立場が弱そう」そんなマイナスイメージを持っている人もいるかもしれません。でも、実は、派遣薬剤師には、たくさんメリットがあるのです。

派遣で働く薬剤師のメリットは、なんといっても収入の良さ。実際のところ、薬剤師の派遣はかなりの高収入です。パートで働く場合よりも、また地方によっては正社員の薬剤師として働くよりも高額な時給で募集しているところもあります。地方なら、家賃や生活費は都会と比べると安くすむので、一人暮らしをしていたり、車を維持していても十分に生活していけるでしょう。

なぜ、派遣薬剤師の給与が高くなるかというと、派遣の場合は、人手が足りないところへ派遣されるので、正社員やパートよりも給与が高くなることが多いのです。つまり、地方都市よりも、不便なところ、過疎化が進んでいるような地域ほど薬剤師として高額の給与がもらえる可能性が高いということです。引っ越し費用を出してもらえたり、家が用意されるなんていうケースもあるようです。

派遣で働くメリットは給与だけではありません。派遣は正社員よりも勤務時間に融通が利きます。高収入ということは、残業や休日出勤があるのでは…。と、心配になるかもしれないけれど、そんな心配はいりません。派遣薬剤師は、正社員と違って、何時までしか働けないとか、残業をしたくない、といった勤務時間に関するわがままをきいてもらいやすいのです。残業や休日出勤したくない場合、残業などが発生しない勤務先に派遣してもらえばよいのです。逆に、たくさん稼ぎたいので、あえて残業したいという働き方でもOK。自分のライフスタイルに合わせて勤務できるのが派遣の大きなメリットですね。

派遣のよいところは、短期間で移動できるというところにあります。「それってデメリットでは?」と考える人もいるかもしれませんが、1年程度で職場を移動できるので、面倒な人間関係を続けずにすむというメリットでもあるのです。実際、半年や1年の派遣期間が終わったら、1ヶ月くらい海外旅行を楽しみ、その後、また新しい派遣先で勤務するなんていう人もいるくらいです。