薬剤師の平均年収は?

薬剤師の平均年収は?

年々、人気が高まっている薬剤師という仕事。調剤薬局やドラッグストアでいつも見かける薬剤師は、いくらくらいの年収があるものなのでしょうか。勤務先によって、どれくらい年収が変わるものなのでしょうか。

医師から発行された処方箋に基づいて薬を調剤する、調剤薬局に勤務する薬剤師の平均年収は約470万円です。ドラッグストアに勤務する薬剤師の場合は、平均年収約650万円。ドラッグストアの方が年収がよいのは、薬剤師手当が毎月、5~10万円ほど支給されるためです。一般的に、ドラッグストアの方が、勤務時間長いのも年収が高い理由の一つです。

製薬会社に勤務する薬剤師の平均年収は約720万円。大手製薬会社に勤務すれば、30代で1,000万円を超えることも可能です。給与は学歴や業務内容などによって変わってきます。仕事内容は、おおざっぱに言うと研究職と営業職に分かれ、営業職の方が収入はよくなるようです。

病院に勤務する場合は、国公立病院または民間病院かによって収入は異なります。最初はほとんど変わりませんが、国公立病院に勤める薬剤師は公務員になるので、年収は上がっていきます。国公立病院の場合は平均年収は約600万円、民間病院の場合は平均年収約400万円と差が開いていきます。ただし、民間病院の場合でも、管理職など役職に就くことでさらなる収入アップを期待できます。

ここにあげた年収はおおよその平均です。薬剤師が不足している地方の方が、都会よりも年収は高くなる傾向にあります。調査によれば、薬剤師の平均収入が一番良いのは奈良県、次いで静岡県、青森県と続きます。東京や大阪などの都市部では薬剤師が過剰になっているので、収入は低くなる傾向にあります。ただし、地方といっても、すべての地域において高収入というわけではなく、東北地方、北関東、東海地方などでは高い収入が得られますが、四国では低くなります。同じような業務内容でも、勤務する地域によって収入には数百万円の差がつくことがあります。