薬剤師が年収1000万を目指すには?どんな求人をチェックするべき?

薬剤師が年収1000万を目指すには?どんな求人をチェックするべき?

高収入だと考えられている薬剤師ですが、調剤薬局やドラッグストアに勤務する薬剤師の年収は450万から650万円ほど。病院に勤務する場合でも400万から550万円。年収1000万に到達するのはなかなか困難です。どうすれば、年収をアップさせられるのでしょうか。

年収1000万円を目指すなら、製薬会社に勤務し、MR職に就くことをおすすめします。MRとは、医療機関を訪問し、医師や看護師など医療関係者に自社の医薬品をPRする仕事です。製薬会社の営業マンといったところです。医薬品のPRには、副作用、使用方法などについて説明することも含まれます。薬品に関する知識だけでなく、営業の腕も求められる仕事です。

地方へ転職することも年収アップにつながります。一般的に都会よりも地方の方が薬剤師の収入はアップする傾向にあります。都会は薬剤師が過剰になっていますが、地方では薬剤師が不足しているという地方ならではの深刻な事情が関係しています。特に、雪の深い東北地方などの地域は年収が高くなる傾向にあります。しかも、薬剤師の人数が少ないため、管理職を目指すことも可能でしょう。新卒で調剤薬局に勤務する場合でも、年収600万円超えることも珍しくありません。高い収入を望んでいるならば、地方の求人をチェックしてみましょう。

このような例を見ても、良い年収には理由があることが分かります。業務内容や勤務地域など、理由がはっきり分かっている場合は良いですが、理由もなく高い収入を記載している求人には要注意です。勤務時間が長い、サービス残業や休日出勤がある、人間関係が難しく長続きしないなど、相場より高い収入を約束している求人には理由があるかもしれません。

現在の職場で収入をアップさせることができるか考えてみることもできるでしょう。給与交渉を行ったり、残業を引き受ける、管理職を目指すなど、自分にできることはないか考えてみましょう。もしかしたら、現在の状況でも年収アップできるかもしれません。