ママ友に「羨ましい」と言われるパート薬剤師の復職・転職

ママ友に「羨ましい」と言われるパート薬剤師の復職・転職

出産を機に仕事を辞めても、子供が保育園や幼稚園に行くタイミングで、あるいは小学生になると仕事を始めるケースが増えています。「教育費をためたい」「マイホームや車のローンの足しにしたい」「夫の給料だけでは生活費が足りない」といった理由で仕事を探すママは多いですが、子供のことを考えると、正社員になるよりも、まずはパートで勤務するのが一般的のようですね。

薬剤師の資格を持っていれば、パートの仕事を探すのは比較的容易かもしれません。ママ友たちからは「資格を持っていて羨ましい」と言われます。たしかに、ネットの求人サイトや、地元の求人情報誌でも薬剤師の求人は多数みつかります。ですが、一般的な求人サイトや求人情報誌に頼っても、なかなか条件のよい仕事が見つからない、職場の環境まで分からないといったデメリットもあります。

パート薬剤師の仕事を探すなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。パートを探すときに転職エージェントを活用すれば、職場の環境、給与の相場などを教えてもらえます。また、履歴書の作成、転職にかかわる事務作業などを手伝ってくれますし、アドバイザーに提案を求めたり、相談にのってもらうことができます。

パートで勤務しても、薬剤師の場合は福利厚生がととのっている、時給が良いなどのメリットがあります。パートならば正社員よりも勤務時間や出勤日に融通がききます。せっかく、薬剤師の資格を持っているならば、復職しない手はありません。薬剤師が不足している地域はたくさんあります。特に、地方や僻地では薬剤師が慢性的に不足しています。薬剤師といっても、病院やクリニック、調剤薬局、ドラッグストアなど勤務できる場所はさまざまです。転職エージェントを活用して、自分のライフスタイルに合った、自分の技能や知識を生かせるやりがいのある仕事を探しましょう。転職エージェントは、1社だけでなく、2、3社活用すると転職成功率が上がります。