地方に勤める女性薬剤師は出会いがない?

地方に勤める女性薬剤師は出会いがない?

「出会いがない」という女性薬剤師は多いですが、それには理由があります。たとえば、病院の薬局という職場は閉鎖的ですし、女性が多いので出会いのチャンスがなかなかありません。看護師なら医師や患者さんと接点が多く出会いの場がありますが、病院の薬剤師の場合は、ほとんど院内の薬局から出ることはありません。大病院ならば、医師や看護師と連携してチームとして働くこともありますが、それは少数ケースです。

調剤薬局で勤務していれば出会いがあるかというと、そういうわけでもありません。調剤薬局での人とのかかわりといえば、製薬会社の営業の方と患者さんにほぼ限られています。患者さんの目的は薬を処方してもらうこと。薬剤師と患者さんという立場で出会って、お付き合いしたり、結婚するといったケースはほとんどないのが現状です。

薬剤師は女性の多い職業です。男性薬剤師は数が少なく、同じ職場にいても競争率が高いというネックがあります。すでに既婚者だったり、年配の方であることも多いので、なかなか職場恋愛に発展しにくいというのが本当のところです。しかも、地方で働く薬剤師ともなるとますます出会いの場は少なくなります。

このように出会いが少ない薬剤師という仕事ですが、実は、女性薬剤師そのものは恋愛対象としてはけっこうアリらしいのです。なぜなら、薬剤師には「まじめ」「堅実」「健康管理をしっかりしてくれそう」などプラスのイメージがあるのです。また、結婚後、出産後にも資格があるために仕事を続けやすいというのも男性にとっては大きな魅力のようです。

「恋人がいない」「結婚したいけど相手が見つからない」という薬剤師は、自分から積極的に出会いの場に行けば、案外、簡単にステキなお相手をみつけられるかもしれません。最近は、若者に出会いの場を提供しようと、婚活パーティや街コンなどのイベントを開催する地方が増えています。薬剤師の女性はモテるので、きっかけさえあれば、きっと良い出会いがあるはずです。