薬剤師が人間関係に悩まないためにできる3つのこと

薬剤師が人間関係に悩まないためにできる3つのこと

職場での人間関係に悩んでストレスを感じていませんか?薬剤師にかぎらず、働く環境というのは大切です。2017年の調査によれば、薬剤師のうち、半数以上、約60%の人が職場の人間関係に「満足」「やや満足」であると答えています。ですが、残りの40%ほどの薬剤師は職場の人間関係に何らかのトラブルを抱えているようです。

実際、薬剤師の約4人に3人が転職を経験したことがあるそうです。その原因の中で三番目に多かったのが「人間関係の不満」でした。職場の雰囲気が悪かったり、苦手な人がいると大きなストレスになります。どんなに好きな仕事でも、続けていくことは大変です。

薬剤師に限らず、どんな職種にもいえることですが、職場での人間関係をよくするコツは①愚痴や悪口を言わない②感謝を言葉にする③過度の期待をしない。この3つのポイントは最低限押さえておきましょう。

愚痴や悪口を言わないというのは、人間関係の基本です。悪口は、こっそり言っているつもりでも、必ず相手の耳に入ります。愚痴は聞いている人を嫌な気持ちにさせます。愚痴や悪口をいう人を魅力的だと感じる人はいません。

感謝を言葉にすることは大切です。一緒に仕事をしているならば、相手が同じ薬剤師であろうと、医療事務、あるいはドラッグストアのスタッフであろうと、自分よりも年下であったり、経験が浅い人であろうと、上から目線で接するべきではありません。「ありがとう」といってくれる人に対して、悪感情を抱くことは難しいのです。

過度の期待をしないということも大切。「このくらい分かるだろう」「できて当然だろう」と思うと、その期待に相手が応えてくれない時にイライラします。イライラが募ると、不満は心の中でどんどん大きく育っていきます。しまいには、相手の顔を見ることすら嫌になってしまうこともあります。「言わなくても分かってくれるはず」というのも厳禁です。黙っていても、相手は察してはくれません。必要なことは、きちんと言葉にして伝えましょう。