転勤したくないなら管理薬剤師を目指すべき!地方での転職はどう探す?

転勤したくないなら管理薬剤師を目指すべき!地方での転職はどう探す?

誰もができれば転勤したくないと思っています。また、家族の事情などで、どうしても転勤できない方もいますよね。薬剤師として働いている場合、転勤はあるのでしょうか?

薬剤師の中には、介護の必要な家族のいる方、子供が受験生の方、家庭を持つ主婦など、転勤できない方もいます。地方に行くことはできない方もいます。勤務地が変わると、生活が大きく変化してしまいます。転勤せずに勤務したいなら、管理薬剤師を目指すのはいかがでしょうか。

日本国内には約55,000人の管理薬剤師がいるそうです。病院、製薬会社や医薬品卸会社などにも管理薬剤師は勤務していますが、調剤薬局やドラッグストアの場合は、管理薬剤師を必ず1人置かなければならないと決まっています。つまり、薬局やドラッグストアに管理薬剤師として勤務すれば、転勤になる可能性はほぼないということです。もちろん、管理薬剤師でも、製薬会社などに勤務した場合は、転勤を命じられる可能性があります。支社、営業所、工場などをたくさん持っている大手企業ならば、転勤は避けられないかもしれません。

薬剤師としてキャリアアップを目指すなら、管理薬剤師を目指してみるのもいいですね。管理薬剤師になれば、収入がアップしたり、人材や設備の管理なども業務に加わるためにマネジメント経験を積むことができたるなど、さまざまなメリットがあります。

転勤を避けて、勤務を続けたいなら、調剤薬局やドラッグストアの管理薬剤師の求人を探してみましょう。管理薬剤師の求人は、季節を問わず1年中あります。薬局やドラッグストアで欠員が出た時に応募が出るので、こまめに求人情報をチェックするといいでしょう。転職には、薬剤師の転職エージェントを活用することもおすすめです。転職エージェントなら、一般の求人サイトや求人誌などには出てこない転職情報も豊富です。なかなか見つけにくい地方での薬剤師業務を探すのにも、転職エージェントを活用してみてください。