薬剤師転職

調剤薬局での薬剤師の仕事内容は?

調剤薬局での薬剤師の仕事内容は?

薬剤師といっても、どこに勤めるのかによって、仕事内容は大きく変わります。調剤薬局に勤める薬剤師にとっては、処方箋に基づく調剤、服薬指導、さらに薬歴管理などがおもな仕事内容になります。

処方箋に書かれている通りに薬を準備するだけだから簡単だろうと思われるかもしれませんが、病気や症状によっては、聞いたこともない薬を扱うこともあります。新薬もぞくぞくと開発されるので、薬に関する勉強は薬剤師になってからも続けていく必要があります。また、医師によっては処方箋にミスがある場合もあるので、ただ書かれている通りに処方するだけでなく、きちんとチェックしないといけません。患者さんの健康にかかわることなので、慎重さが求められる仕事です。もし、ミスが見つかったら、病院へ電話して医師に直接問い合わせることが必要です。デリケートさが求められる仕事です。

患者さんへの服薬指導も大切な仕事です。薬によって服用方法は違います。薬の効用や飲み合わせ、副作用、保管方法などを説明します。患者さんの中には、高齢の方、精神的な病気を持っている方、重い病気を患っている方などさまざまな状況の方がいます。分かりやすく、確実に説明するスキルが必要です。

薬歴の管理は重要な仕事

薬歴の管理は重要な仕事

薬歴の管理も薬剤師にとって重要な仕事の一つです。患者さんごとに服用履歴、副作用、アレルギーなどを記録しておきます。患者さんの今後の服薬指導の参考になりますし、薬剤師同士が連携して働くためにも必要なことです。

調剤薬局で薬剤師として働きたいなら、薬剤師専用の転職サイトや、転職アドバイザーを活用するのがおすすめです。一般的な求人情報誌、求人サイトだけでは分からない情報、求人などを知ることができます。薬剤師の仕事を探すなら、薬剤師転職のプロの力を借りましょう。あなたの悩みや条件にきちんと向き合い、より良い環境で、より良い条件での就職、転職を提案してくれるでしょう。一人で探すよりも、プロに頼った方が必ずうまくいくはずです。

-薬剤師転職