薬剤師転職

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容は?

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容は?

ドラッグストアは求人が多く、正社員でもパートや派遣でも働きやすい職場です。そのためドラッグストアへの転職を考えている薬剤師の方は多いようですが、仕事内容が分からないので躊躇しているという方もいるようです。

ドラッグストアで扱われているのは、市販薬と呼ばれる一般用医薬品です。風邪薬や胃薬、頭痛薬などがそれにあたります。一般用医薬品は「第一類医薬品」「第二類医薬品」「第三類医薬品」に分けられます。このうち、第一類医薬品、第二類医薬品については薬剤師または登録販売者が販売しなければなりません。

最近は、調剤併設の大手ドラッグストアが増えています。調剤薬局よりも、ポイントがたまるドラッグストアの方が好まれるようです。調剤併設のドラッグストアでは、薬局勤務と同じように、処方箋に基づいて調剤を行います。調剤ブースは完全に独立していて、調剤のみを行う店舗と、ドラッグストアの業務も行う店舗があるので、面接の際に確認しておきましょう。

ドラッグストアの仕事内容

ドラッグストアの仕事内容

日用品や食料品なども扱うドラッグストアでは、仕事内容は多岐にわたることがあります。商品棚の陳列、レジ打ち、清掃、ポップの作成なども行う場合があります。どのような仕事内容になるか、会社の方針によって決まるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

ドラッグストアで働く薬剤師の方は「お客様との距離が近く、健康や体に関係する悩みを相談してもらえる」「お客様の症状や悩みを聞いて、その人に合った薬を提案できるので、役に立っているという実感がある」「頼りにしてくれるお客様がいる」「いろいろな仕事を経験できて知識が広がる」といった感想を持っているようです。ドラッグストアは生活に密着した場所だからこそ、薬剤師さんと患者さんとの距離が近くなるようです。

ドラッグストアの求人はたくさんありますが、より良い条件の職場を探したいなら、薬剤師転職サイトや、転職求人エージェント会社を利用することをおすすめします。

-薬剤師転職